建築仮設事業

建方を劇的に変えた日本一の技術

テクノスが提供する「ACEUP」工法は、建方世界に衝撃を与えた革新的技術です。
一級建築士3名を筆頭とした技術者が、営業、整備、入出荷担当社員と連携し、お客様の多種多様な要望に迅速にお応えしています。
商品誕生から一貫して品質、安全、工期、コストの全てに卓越したサービスを提供し、採用実績は既に8,000件を超えるまでになりました。
関連新商品(新型ヘルプ、建方キングシリーズ)の市場投入により「ACEUP」工法は、ワイヤーレス工法のパイオニアとしてさらなる建方世界の変革に挑戦しています。

ACEUP(エースアップ)

ワイヤーレス工法とは…

ACEUPによるワイヤーレス工法は、在来工法のスプライスプレートや歪み直しワイヤーなどを使用せず、鉄骨建方の施工が可能となります。
在来工法に比べ、品質・コスト・工期・安全性(QCDS)に優れています。

品質の向上(Quality)
柱毎に単独の建ち調整が可能なため、精度確保が容易です。
ワイヤー施工と異なり、柱にストレスを与えず駆体施工が可能となります。
コストの低減(Cost)
在来工法の歪み直しワイヤーとその作業が不要です。
建方作業人員の低減が可能です。
建方工期の短縮(Delivery)
柱の建起し作業時間の大幅な短縮が可能です。
柱の建起し精度が高いので、梁入れ作業時間の短縮が可能です。
1日の施工量が増やせるため、工期の短縮が可能です。
安全性の向上(Safety)
高所作業が削減できます。
歪み直しの危険作業が無くなります。
在来工法

ワイヤーレス工法

※事前に自立検討が必要です。

ACEUPの概要

ACEUP 商品紹介

  • 建方エース
  • 建方ベース
  • 建方ヘルプ
  • 建方ピース

鉄骨柱のジョイント部に使用する装置です。

機能
  • ガイド機能(早いクレーン解放)
  • 転倒防止
  • 目違い調整
  • 倒れ調整
  • レベル調整
  • 上下逆使いが可能
特長
  • テクノス独自の特殊カムアーム機構を採用し、わずかな力で倒れ調整ができます。
  • 在来工法に比べてスプライスプレート、歪みワイヤー、ピース等が削減できます。

建方エース

重量:約15kg

専用ラック

建方エース

鉄骨柱のベース部に使用する装置です。

機能
  • 倒れ調整
特長
  • シンプルな構造で取扱いが容易です。
  • 人力操作のため安全性が高くなります。

※まんじゅう高さ30mm仕様、50mm仕様の2種類があります。

建方ベース

重量:約4kg

専用収納箱

専用収納箱

建方ベース

梁入れ後に生じた目違いを調整する装置です。

機能
  • 強力目違い調整(建方エース本体にも調整機能あり)
特長
  • この装置は建方エースを取付けた状態で使用します。

建方ヘルプST

従来型と比較して【推力2倍】【重量20%減】

  • てこ機構を活用し、効率的な目違い矯正を実現
  • エレクションピースの曲がりを気にせずに、強力な目違い矯正が可能
  • コンパクトな設計により軽量化(約8kg)を実現

建方ヘルプST

建方ヘルプST

建方ヘルプ(従来)

建方ヘルプ

建方ヘルプ

建方エースを鉄骨柱に固定するための専用エレクションピースです。

機能
  • 接合部の垂直・水平力の伝達とガイド機能
  • 治具落下防止
  • 吊りピース
特長
  • 建方エースに正確に適合します。
  • 落下防止等の安全対策も万全です。
  • ※構真柱による「ヤットコ」と「建方エース」との併用、特殊品の対応等はご相談ください。
  • ※吊り治具との取合いについては、検討が必要です。

建方ピース

建方キングE(建方精度管理システム)

「建方キング」の進化版

計測情報の共有化とリモート計測により建方の一連の業務を省力化したシステムです。
建方位置の確認手法として新たに画像認識技術を導入し、従来の自動追尾型計測機器より迅速な計測手法を実現しました。

建方ヘルプST

梁入れ後に生じた目違いを調整する装置です。

機能
  • 強力目違い調整(建方エース本体にも調整機能あり)
特長
  • この装置は建方エースを取付けた状態で使用します。

建方ヘルプST

従来型と比較して【推力2倍】【重量20%減】

  • てこ機構を活用し、効率的な目違い矯正を実現
  • エレクションピースの曲がりを気にせずに、強力な目違い矯正が可能
  • コンパクトな設計により軽量化(約8kg)を実現

建方ヘルプST

建方ヘルプST

建方ヘルプ(従来)

建方ヘルプ

建方ヘルプ

施工事例

実績

実績

実績

実績

実績

実績

アジア事業

ページトップ